白金温泉 宿泊

白金温泉の泉質

白金温泉の泉質は、マグネシウム、カルシウム系の硫酸塩泉、含鉄泉です。

 

温泉

 

そのため、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、痔病、慢性皮膚病などに効能があるそうです。

 

なかでも、神経痛への効能は有名で、「杖忘れの湯」といわれるほどだそうで、

 

最近では、女性の間で「やせる温泉」として人気が高まっているようですよ。

 

 

 

白金温泉の特徴は、 鉄分を含んでいるため、湧出直後は無色透明ですが、空気に触れ徐々に酸化し褐色に濁り、「にごり湯」になる点です。

 

>>白金温泉のおすすめ宿はこちら